【英検】準1級合格への道。Part 23「参考書、1周終了。」

今日の学び

こんばんは。こうのすけです。

いよいよです。

いよいよ終わりました。

「英検準一級マスター」が!!

本日、面接対策のページを終わらせて無事にこの参考書を1周することができました。

勉強時間は1時間です

今まで、まとまった時間は、取れませんでした。

でも、コツコツと30分。いや5分の時もあった。

少しでもいいから、勉強していったところ完走することが出来ました。

5月9日から始めたので、約2ヶ月かかってしまいましたが。

しかし、秘書検定の勉強と並行していたのでそこは多めに見る。

自分に甘いとはこのことDA。

ちなみに今日結果が出て、秘書検定の2級は合格することが出来ました!

嬉しいったら嬉しいな。

さて、英検準一級マスターも残すは「模擬試験」のみ。

「模擬試験残っとるやないかい。1周終わってないやん。」

という声が聞こえてきそうですが、ノイズキャンセル

(AirPods Proを買った私にはできる。)

この参考書の目的は、「全体像の把握&解き方の確認」なので

それを終えたところで、1周終わったとします。

いいんです。自分が納得すれば。

「模擬試験」は土日のまとまった時間にじっくり解いてみたいと思います。

いやー、しかし

全体像が見えたことで、やるべきことがわかってきましたね。

一応、前の記事で勉強計画を死ぬほど大雑把に書きましたが

今回も確認がてら書いていこう。

まずは過去問だね。

とにかく飽きるほどやる。やり込む。過去問で分からない部分は作らない!

もちろん、合格するためにやるけど

もう一つの目的は「英語力」をあげること。

そう、英検に留まらない。

今後のためにも英語力をこの過去問演習でいかに伸ばせるか。

かなり大事だと思っています。

工夫して過去問をやっていきたいです。

もう過去問中心でいい!!

過去問しかやらないZO!!

そもそも時間がない中で英語力を上げるには、やることを極限まで絞った方がいいと考えているので。

ほんとは色々やりたいけどね。

東大英語とかビジュアル英文解釈とか。

その辺は、気晴らしにやることにする。

勉強の気晴らしが勉強。

いいことだね。

さ、明日からも頑張ろう。

では。この辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました