【英検】準1級合格への道。Part 5「オレンジの皮と環境問題」

学習記録

こんばんは。こうのすけです。

本日は休日でしたが、少しだけ英検の勉強ができたので報告。

今日も「長文の語句空所補充」の問題です。

勉強時間は約30分。

30分でも積み重なれば大きいな。とにかく毎日できるように奮闘中。

今日は例題として、2018年の第一回で出てきた問題に挑戦しました。

記事のタイトルを読んだ長文のタイトルにしてみたよ。

3問中2問正解。

文章全体を通して、要旨を掴むのが大切だと実感しました。

特に空いているカッコの部分の前後を見ただけでは、答えがわかりにくいです。

間違えた問題は、単純に前後の文意を取れていなかったな。

読み間違えたのが、deal with という部分。

これを見ると、みなさん「〜を対処する」という意味だ!と思いません?

僕はそう思ってしまいました。

それで文章がわからなくなりました。

しかしよくみたら、「a deal with~」といったように「a」がついておった。

つまり、deal は名詞で「取引」という意味だったんだな、、、。

「a deal with the government」で「政府との取引」と、しっかり読めていたらわかったかも。

まだまだ実力不足ですな。がんばります。

でも、英検の勉強は興味深くて面白いので

読んでいても楽しいです。これが1番だよね。

明日も時間を見つけてがんばりたいと思います。

ところで、話は変わりますが。

iPad内で辞書を購入しました

辞書間のジャンプがとても便利。

うまく使いこなして、勉強の効率、単語記憶の効率を上げていきたいですね。

あと二つくらい違う辞書を買う予定。

もっと早くかっていればよかったなあ。

これからお世話になるぜ!辞書よ!

では、今日はこの辺で。

コメント

タイトルとURLをコピーしました