【英検】準1級合格への道。Part 11「長文問題、完結!」

今日の学び

こんばんは。こうのすけです。

本日は学校に行って実験を頑張ってきました。

もうすぐ研究報告があるので、それに向けての研究です。理系っぽいでしょ。

研究報告は2〜3週間に一回あるので、コンスタントに実験することが求められます。

コンスタント、といえば勉強も同じですね。

勉強もコンスタントにやることが大事。

ということで、今日もできたよ。英検の勉強。

時間は約30分です。ぶっちゃけちゃんと測っていないからテキトー。

少なく見積もって30分です。

長文を一個分解きました。実は今日で長文のページはラスト。

時間配分に気をつけられないまま、終わりを迎えてしまった。

まあ、要旨要約の練習ができたということにしとこ。

では、早速、今日の反省。

今日は「頭の良すぎるヨウムの話。🦜」でした。

ヨウムって何かというと、大型のオウムのことらしいです。

大型のオウムなんているんですね。少し怖い。

鳥がもともと苦手なんです。僕。

だって飛ぶじゃん。めっちゃ飛ぶじゃん。そんなの怖いよ、、、。

あ、英文自体は、すごく読みやすかったです。

要旨要約も、Part10での反省を生かして短めに簡潔にまとめれた!

1段落目の要約はうまくできすぎて、思わず丸をうっちゃいました。

自分に甘いですね。

こんな感じで、流れを理解したら問題を解きます。

今回は4段落あるので、4問ありました。

結果は。

全問正解!簡単すぎるかも。(調子のんな。)

読みやすいのは、TOEICで頑張った貯金だったりして。そうだといいな。

勉強になったのは、「share」で「〜を共有する」という単語に

同じ資質も持つ」という意味があったこと。

まあ、なんとなく想像はしやすい意味だけどね。

やっぱり本文の内容がTOEICに比べて面白いなあ。

今回の頭の良すぎるオウム。

人に質問ができたんだってさ。すごい。

けど、平均寿命より早く死んじゃったらしい。

なんか天才って早く亡くなってしまいますよね。

死んだ日の前日に、飼い主に言った最後の言葉が

「あなた、いい人。また明日。愛してる。」だったんだって。

なんか感動ですよね。ってかカッケーな。

死ぬ前にこんなことが言えるなんて。やるじゃん。

まるで自分の死ぬ日も分かっているみたいですよね〜。

天才に生まれて早死にするなら、凡才に生まれて長生きしたい派。

では。今日はこの辺で。

最後まで読んでくれたあなた、いい人。また明日。愛してる。

(僕は死なないよ。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました